シミ・しわ対策にフォトフェイシャル

フォトフェイシャルをしみ対策として受ける人が最近増えています。フォトフェイシャルとはいったいどのようなものなのでしょうか。

特殊な光を肌にあてることで、フォトフェイシャルでは肌のしみを薄くしていきます。

フォトフェイシャルが受けられるところは、美容形の医療機関などです。これまで用いられていたレーザー施術と違って、マイルドな光を使うのでデリケートな肌でも安心です。

施術範囲が広いこともフォトフェイシャルのメリットです。光を施術部分にあてるので、短時間で広範囲の施術ができます。

つやとハリ、潤いが戻ってくるのです。しみだけではなく、フォトフェイシャルはいろいろな症状に効果があるのもメリットです。

フォトフェイシャルはお肌を引き締めて毛穴の緩みを引き締め、細かなしわを目立たなくし、赤ら顔を改善する効果があるといいます。

お肌にフォトフェイシャルを照射することによって、しみやそばかすをつくるメラニン色素を壊し、美白効果を促す作用が期待できます。それだけでなく、フォトフェイシャルの光は繊維芽細胞の働きを高め、お肌の保湿に効果的なコラーゲンの生成を助けます。

フォトフェイシャルは、しみやそばかすを薄くするだけでなく、みずみずしい肌を取り戻し美肌になる作用も得られます。

フォトフェイシャルの効果

それでは、フォトフェイシャルの効果とはどのようなものなのでしょうか。
IPLという特殊な光を照射することで肌の新陳代謝を促進し、肌トラブルを解消するのがフォトフェイシャルの基本的な方法となります。

しみの解消以外にも、フォトフェイシャルはお肌の赤みやこじわなど多様なお肌の問題を解決します。フォトフェイシャルはお肌の保湿効果を高め、ふっくらとしたハリのある肌にすることで、にきび跡の改善にも効果的です。

フォトフェイシャルはレーザーと違って、狭い範囲に強い効果を及ぼすものではなく、その反対です。肌そのものの細胞に働きかけて活性化し、肌本来が持っているみずみずしさを自然に引き出すことができるのもフォトフェイシャルの特徴です。

フォトフェイシャルで照射した光は、しみやそばかすの元になっているメラニンに直接働きダメージを与えます。フォトフェイシャルを行うと、メラニン色素が皮膚から浮き出てきます。

その後しばらく時間をかけてメラニン色素は体外に排出されていき、皮膚がきれいになるのです。

フォトフェイシャルはしみだけでなく、赤ら顔やにきびケア、にきび跡のクレーターケア、毛穴の引きしめ効果もあります。

美肌、美白になりたい人は、しみ対策にもなるフォトフェイシャルでなめらかな白い肌になりたいものです。


注意点

フォトフェイシャルの施術を肌のしみや小じわ対策で、受ける人が最近増えています。さまざまな美肌効果のあるフォトフェイシャルですが、副作用は無いのでしょうか。

マイルドで刺激が小さいことが、フォトフェイシャルの光の特徴です。フォトフェイシャルは、終わってからすぐに肌が元の状態に戻ることもあり、副作用の心配はほぼありません。

しかし、完全に絶対に大丈夫とは言いきれないようです。フォトフェイシャルでは、効果を高めるために出力を上げて、やけどをしてしまうことがあります。

信頼度の高い施設でフォトフェイシャルを受けることで、施術によるトラブルの発生可能性を抑えることができます。またフォトフェイシャルを受けて、しみを改善したいと思ったら、しっかりと施術前のカウンセリングを受けることも重要です。

医師のスキルや経験によっても得られる美肌効果には差があります。
十分な実績がないところでフォトフェイシャルを受けると、アフターケアで行き届かないところがあるなど、問題が生じたりします。

皮膚トラブルがある人や、紫外線で肌を黒く焼いている人、妊娠している人は、フォトフェイシャルを利用しないほうがいいでしょう。

フォトフェイシャルは、肌へ優しいとはいっても、全く肌への負担にならないということはありません。

フォトフェイシャルを使う時は、今すぐにでもしみをなくしたいという気持ちを抑えて、まずは医療機関ごとの情報収集が大事になります。

にきび治療にもフォトフェイシャル

最近は、にきびが気になる人もフォトフェイシャルを使っているようです。
にきびに対してどんな作用をすることで、フォトフェイシャルはにきびを治療するのでしょう。

フォトフェイシャルは、にきび跡を治療する際にお肌への刺激が少ないことが魅力的なところだとされています。
従来のレーザー治療と比較しても、肌への刺激やダメージはかなり減っているといいます。

フォトフェイシャルの光が肌の正常な部分には反応せずに肌のトラブルの部分にだけ反応する性質であることが、肌への負担が少ない理由です。

フォトフェイシャルはにきび跡の治療だけではありません。肌の代謝を活発にし、皮膚をリフトアップして毛穴を引き締める作用が、にきびのケアと同時にできることが、フォトフェイシャルの利点です。

にきびが気になる場所だけにフォトフェイシャルをしたいという施術もできるため、肌の様子を見ながら微妙な調節が可能です。

施術にかかる時間が10分から30分で済んでしまうということも、フォトフェイシャルのいいところです。レーザー治療のように治療後のダウンタイムが無いので、治療直後から洗顔や化粧をすることも可能です。

フォトフェイシャルは治療後の痛みや副作用もほとんどなく、患部が少し赤くなる程度で傷跡になる心配がありません。にきびやにきび跡を無くしてしまいたい人は、フォトフェイシャルでの治療を試してみてはいかがでしょうか。

にきび治療で注意すること

皮膚への負担が少なく、効果的なにきび治療ができるフォトフェイシャルは注目の美容法ですが、気をつけたいこともあります。

レーザーを使った美肌施術と同じように、フォトフェイシャルも一回きりの施術で終了することはありません。大抵は、3週間程度間をあけながら、5〜10回ほどの治療をするという形になります。

すべての治療期間は3か月から7か月くらいになるので注意しましょう。治療回数が多いということはそれだけ費用がかさみます。

一般的なフォトフェイシャルの治療費は、顔全体で1〜5万円程度だといいます。治療効果が見られたことで最後までやり通すことになるとかなりの治療費になるでしょう。
にきびのためにフォトフェイシャルを使うという人は、費用負担の見通しを明確にしておくことです。

人によっては、フォトフェイシャルの刺激が肌に悪い影響を与える可能性がある人もいます。日焼けが濃い人、アトピー肌の人、光過敏症の人、妊娠している人はフォトフェイシャルは避けましょう。

フォトフェイシャルの優しい光でも刺激が強すぎるので治療を受けることができないのです。にきびに悩んでフォトフェイシャルの治療を受けようと思ったら、まずは近くのクリニックでしっかりとカウンセリングを受けましょう。

費用の面や体質の面で納得できてから、フォトフェイシャルのにきび治療を受けることが大切です。